トップ  >    パリの観光地  >  ムーランルージュ


日本でも非常に有名なフランスのナイトショー「ムーランルージュ」です。ムーランルージュは、フランスでも最も有名なナイトスポットであるモンマルトルの丘の下のクリシー大通りに位置しています。

ムーランルージュはフランス語で「赤い風車」です。毎日夜になると、この赤い風車に光が灯って、夢の世界が繰り広げられます。
女性たちも胸をさらして踊るそうですが、いやらしさなど全く感じずに、誰もが「芸術」と思える高いレベルだそうです。観客の半数が女性であり、女性を同伴してくる姿は珍しくありません。私が外から写真を撮影していた時にも夫婦で来ていた方がいました。夜の夢を芸術にまで高めていくフランスは、さすがと言えますね。

私は今回残念ながらパスしましたが、機会があったら入ってみたいです。

ちなみに、ムーランルージュに入るのには、Gパンとかスニーカーとかそれに類する例えばトレパンだと入場を拒否される場合があるようなので、それなりの服装をしていく必要がありそうです。

ガードマンなどに簡単な身体検査を受ける準備と、撮影は絶対に禁止なのでカメラは大人しくカバンの底にでもしまっておきましょう。中は最大800人ほど収容できるらしく、一番安い席を買った場合には、混んでいる時にはかなりギュウギュウで食事するようです。

宿泊していた場所からムーランルージュが歩いていける場所だったので、夜間に歩いていきました。私は地元に住んでいるフランス人と一緒に行動していたので問題は無かったのですが、初めて観光で行く場合は、夜間にこの周辺を1人、2人で歩くのは辞めた方が良いと思います。

ムーランルージュなどの大通りは比較的安全かと思いますが、道に迷うなどで裏通りに入るなどすれば、非常に強そうなお兄さんたちに取り囲まれる可能性もあります。


ムーランルージュ ジャポン
http://moulin-rouge-japon.com/index.html
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:113 平均点:5.49
前
ルーブル美術館
カテゴリートップ
  パリの観光地
次
凱旋門



楽天